【外さないゲーム業界転職】マイナビクリエイターの感想と評判

プラ子

前に「マイナビクリエイター」について少し聞いたけど、もっと詳しく教えてほしいです!

SHIMA

分かりました。ではマイナビクリエイターについて、どんな転職エージェントなのか僕の感想や評判を交えながら詳しく解説していきます。

ネット上で出てくる情報を見ていると、正直これ絶対エアプだろって記事が沢山出てきます。

そこでこの記事では、僕自身が実際にゲームプランナーに転職する際にマイナビクリエイターを使った感想や、他にも実際にマイナビクリエイターを利用した方から直接集めた評判をご紹介します。

また、他エージェントにはないマイナビクリエイターの強みや特徴もご紹介します。

この記事を読めばマイナビクリエイターがどんな転職エージェントなのか分かるようになりますので、転職エージェント選びの参考にぜひ役立ててください!

その他おすすめエージェントについて「未経験からゲームプランナー!業界に強いおすすめ転職エージェント5選」の記事にまとめています

目次

マイナビクリエイターの感想:最も多くの会社の面接に繋げてくれたエージェント

僕自身がマイナビクリエイターを利用してゲーム業界への転職活動を行った際の感想です。

SHIMA

4社の転職エージェントに登録して、個人的にはここが一番合っていました。

未経験ながら3社の面接 → 1社合格!

転職活動を開始する前はやや特殊な仕事をしていたため、30代にしてゲーム業界はおろか普通の会社での正社員経験もなしという状況でした。

そんな中でマイナビクリエイターに登録し、面談の際に色々お話をしました。

経験・経歴から「正社員での採用は正直厳しい」ということで契約社員での入社を目指したほうが良いとアドバイスをいただき、その方向で転職活動をスタート。

マイナビクリエイターでは、僕が登録したエージェントの中で最多の3社で面接まで行き、そのうち1社の採用に繋げてもらうことができました!

SHIMA

その後正社員に登用してもらい、現在も勤務しています。

ちなみにマイナビクリエイターの他に登録していた3社での結果は次のような内容でした。

  • ヴィジョナリー:2社面接
  • リンクトブレイン(現G-JOBエージェント):登録後、面接まではたどり着かず
  • シリコンスタジオ:登録時点で不採用

キャリアアドバイザーのサポートは丁寧

僕のキャリアアドバイザーに付いてくれた方は同じくらいの年齢(30代)の男性で、かなり熱意を感じる方でした。

  • 書類・面接対策が丁寧
  • 連絡の頻度が調度いい

アドバイスに関しては、未経験ながら僕の強みをどうひねり出してアピールするかといったものから、「ゲーム業界では数字は全角ではなく半角で書きます」みたいなシンプルだけど意外と大事なことまで教えてもらいました。

また、連絡の頻度も活発に面接が迫っているときなどは1日1通とかで連絡をくれて途中経過も教えてくれていたので安心感もありました。

登録~採用まで無料

マイナビクリエイターの評判

実際にマイナビクリエイターを利用した人の評判を聞いてみました!

良い評判・悪い評判それぞれお聞きしたので参考にしてみてください。

良い評判まとめ
悪い評判まとめ
  • 職務経歴書やポートフォリオのアドバイスが丁寧
  • 希望職種が見やすい
  • 多くの企業を紹介してもらえた
  • サポートに押し付け感がない
  • 気軽にやり取りできた
  • ポートフォリオ作成ツールが使いやすかった
  • 経験者が有利
  • 連絡が来ないことがあった
  • 期待していたよりも理想の求人が少なかった

職務経歴書やポートフォリオのサポートが役立ったM.I.さん

20代の頃にマイナビクリエイターを利用したM.I.さんからの評判です。

SHIMA

キャリアアドバイザーについての感想を教えて下さい

M.I.さん

マイナビエージェントではエージェントがついてくれなかったのですが、マイナビクリエイターは大丈夫でした。

クリエイティブ系ですとポートフォリオが必要な会社も多く、職務経歴書の書き方も少し難しい部分があり……。

そういったところも細かく見てくれたりアドバイスしてくれるのでかなり参考になりました。

SHIMA

マイナビクリエイターを利用して良かった・悪かったことはありましたか?

M.I.さん

クリエイティブ職に限定されているので、希望職種の検索はしやすかったように思えます。

他の職種も少し見てみました。

悪かったことに関しては、未経験者可といえ経験者のほうが有利なのは確実だと思った点です。

未経験だからこそアドバイザーのサポートが役に立ったようです。

企業の立場から見ると、経験者に比べるとどうしても未経験者が不利になってしまう点はマイナビクリエイターに限らずある程度仕方のないところです。

その中で転職活動を成功させるには未経験でも活躍できることをアピールできる自分の強みを見つけるか、希望のランクを見直すかという選択も必要になります。

なかなか連絡が連絡がなく焦ったM.N.さん

40代の頃にマイナビクリエイターを利用したM.N.さんからの評判です。

SHIMA

キャリアアドバイザーについての感想を教えて下さい

M.N.さん

マイナビクリエイターさんだけの問題でないかもしれませんが、登録依頼をしたにもかかわらず、なかなか進捗状況の報告連絡がありませんでした。

その間無職であることが心配でした。

転職希望者の要求については急がない姿勢が気がかりでした。

SHIMA

マイナビクリエイターを利用して良かった・悪かったことはありましたか?

M.N.さん

上記のとおり、なかなか音沙汰がなく宙にういた状態で不安でした。

この問題は、マイナビさんだけでないかもしれませんが、大手を名乗る以上、しっかりとした体制であってほしいと思います。

なかなか連絡がなかったというM.N.さんですが、やや転職エージェントに任せきりの姿勢であったようにも感じます。

転職では自分からも積極的に動くことが大事で、担当者に自分から状況確認等行えればもう少し違う感想だったかもしれません。

また、エージェントによってその時々で合う案件を持っている・持っていないというタイミングの問題もあるので、できれば1社だけでなく複数のエージェントを併用するのがおすすめです。

(その他おすすめの転職エージェントは「未経験からゲームプランナー!業界に強いおすすめ転職エージェント5選」の記事にまとめています。)

キャリアアドバイザーとのやり取りがしやすかったHさん

20代の頃にマイナビクリエイターを利用したHさんからの評判です。

SHIMA

キャリアアドバイザーについての感想を教えて下さい

Hさん

これまでの経歴や経験を丁寧に聞いてくださり、自分に合った企業を多く紹介していただけました。

ただ、一度紹介して頂いたのみで、その後日にちが経っても新しい求人を紹介されることはありませんでした。

また、私の場合求人紹介が目的だったので、他の転職サポートは受けなかったですが、無理にサポートを押し付けられることもなかったので転職活動は進めやすかったです。

SHIMA

マイナビクリエイターを利用して良かった・悪かったことはありましたか?

Hさん

面接に進んだ際に、非常に細やかに企業の面接の特徴や、準備しておくべきことを教えてくれるところが良かったです。

またキャリアアドバイザーとLINEで気軽に質問などやりとりできました。

悪かったところは、期待していたよりも理想とするような求人が少なかったことと、一度面談して求人を紹介された後、日にちが経つと音沙汰がなくなり、新しい求人を紹介いただけなかったことです。

アドバイザーの対応は良かったが、2回め以降の求人紹介がなかったという評判でした。

Hさんに関してもM.N.さん同様、自分からアドバイザーに対して連絡してみたらもう少し状況が違ったかもしれません。

特にHさんの場合はエージェントによるサポートは依頼せず、求人紹介をしてもらうだけで利用していたので、アドバイザー側からはその後の合否の状況等が分からなかったはずです。

「残念ながら不合格だったので他の求人を紹介してほしい」など、こちらからも積極的に要望を伝えていくのが大事です。

ポートフォリオ作成ツールが役立ったN.I.さん

20代の頃にマイナビクリエイターを利用したN.I.さんからの評判です。

SHIMA

キャリアアドバイザーについての感想を教えて下さい

N.I.さん

求人検索機能をメインに使用していて、キャリアアドバイザーは依頼しませんでした。

SHIMA

マイナビクリエイターを利用して良かった・悪かったことはありましたか?

N.I.さん

未経験での転職を目指していたため、まずはポートフォリオを制作する必要がありました。

マイナビクリエイターには、MATCH BOXというサービスを利用できたため、すぐに転職活動を始めることができ大変助かりました。

N.I.さんはちょっと特殊な使い方をしており、登録後キャリアアドバイザーとの面談はせず、ポートフォリオ作成ツールの「MATCH BOX」を使用していたそうです。

(マイナビクリエイターでは基本的に、求人を見て応募したい場合もキャリアアドバイザーを通す必要があります)

ポートフォリオというのは自分の作品・創作物を選考にアピールするための書類のようなもの。

未経験でポートフォリオを用意するのは非常に難しいんですが、MATCH BOXを利用してすんなり作成することができたようです。

登録~採用まで無料

会社の基本情報

ここからはマイナビクリエイターの特徴を紹介していきます。

会社諸元

運営会社マイナビワークス
公開求人数3791件(2021年8月)
この内、ゲーム系求人数は1036件
非公開求人数非公開
利用料金無料

取引実績企業

https://mynavi-creator.jp/service/introduction-of-clients

公式サイトに公開されているゲーム関連の取引先企業としては次のようなところがあります。(ただし非公開のものもあるためこれが全てではありません)

  • アカツキ
  • アトラス
  • アプリボット
  • エイチーム
  • f4samurai
  • カプコン
  • Klab
  • gumi
  • GREE
  • ゲームオン
  • ゲームフリーク
  • コナミ
  • コーエーテクモ
  • Cygames
  • ジープラ
  • スクウェア・エニックス
  • セガ
  • DeNA
  • DMM.com
  • ニジボックス
  • フロム・ソフトウェア
  • プラチナゲームズ
  • ポケラボ
  • mixi
  • Luminious Productions

サポート実績

サポート実績はこのようになっています。(公式からお借りした画像です。)

数字で見る求人率

サイトで公開されている求人情報から、数字を割り出してみました。(2021年8月のデータ)

  • 職種別求人率
  • 雇用形態別求人率
  • 地域別求人率

※ゲーム業界専門ではないため絞り込み条件にプラットフォーム(コンシューマーやソーシャルゲーム等)がなく、プラットフォーム別の求人率は検索できませんでした

職種別求人率

  • 企画職(プロデューサー、ディレクター、プランナー):259件
  • 開発職(プログラマー):256件
  • シナリオライター:27件
  • サウンドクリエイター:33件
  • グラフィック職(2DCG、3DCG、UI、イラストレーター):513件

企画・開発・グラフィック関連の求人が多くなっていますのでこれらの職種への転職を目指すならチェックしておきましょう。

雇用形態別求人率

※ゲーム系の求人に限定して調査しました。

  • 正社員:899件
  • 契約社員:127件
  • 派遣社員:0件
  • その他雇用形態(業務委託等):3件

8割強が正社員ですが、契約社員の扱いもあります。

未経験の場合は契約社員から経験を積むという現実的な選択肢もあるのが嬉しいポイントです。

地域別求人率

※ゲーム系の求人に限定して調査しました。

  • 東京近郊:776件
  • 愛知近郊:15件
  • 大阪近郊:252件
  • 福岡近郊:17件

※それ以外の検索条件はありませんでした

ほとんどの求人が東京・大阪に集中している結果でした。

今回調査したのは「公開求人」のデータですが、ゲーム業界の企業は東京や大阪に拠点を持っているところが多いので、「非公開求人」の場合でもそんなに割合は変わらないと思います。

「とりあえず1社登録したい」人にはマイナビクリエイターがぴったり

この条件のいずれかに当てはまる人はマイナビクリエイターを利用しておけば間違いない!と断言します。

マイナビクリエイターに合う人
  • ハズレのない1社に登録したい
  • ポートフォリオの用意がない/作り方が分からない
  • 業界未経験

ハズレのない1社に登録したい人

マイナビクリエイターはゲーム業界系の転職エージェントの中でも大手ということもあり、アドバイザーの質や持っている求人はともに高いレベルです。

他のエージェントもそれぞれの強みがありますが、マイナビクリエイターの特徴としてどの項目も「平均点が非常に高い」ということが言えます。

多くのエージェントには登録したくない、間違いのない高水準なエージェント1社に絞りたいという人はマイナビクリエイターがぴったりです。

ポートフォリオの用意がない/作り方が分からない人

ポートフォリオというのは自分の作った作品や創作物などを選考において提示する資料です。

クリエイター系の転職では履歴書や職務経歴書以上に重視されるものですが、マイナビクリエイターに登録すると「MATCH BOX」という非常に使いやすいポートフォリオ作成ツールを無料で使用することができます。

https://matchbox.work/

テンプレに沿って埋めていくことで簡単に質の高いポートフォリオを作ることができ、画像・動画・音声ファイルも載せることが可能です。

業界未経験

僕自身の感想でも書いたように、マイナビクリエイターは未経験でもなんとか希望の仕事に転職できるよう協力してくれます。

アドバイザーも親身になってサポートしてくれるので、未経験だからと諦めずにとりあえず話をしてみるだけでも勉強になりますよ。

登録~採用まで無料

マイナビクリエイターの特徴

マイナビクリエイターの特徴を次の4つの側面から見てみましょう。

  1. 専門性
  2. サポート
  3. セミナー・相談会
  4. ポートフォリオ作成ツール

1. 専門性 業界トップクラスのゲーム業界求人数

マイナビクリエイターは転職大手のマイナビワークスが運営するIT・WEB・ゲームのクリエイター職専門の転職エージェントで、業界の中でも規模の大きいゲーム系転職エージェントです。

コンシューマー系企業、スマホアプリ系の企業どちらにも強く、求人が揃っているため、自分の希望に合う企業を見つけることができるでしょう。

(参考)当ブログでおすすめしている他のエージェントの「公開求人」との比較はこんな感じです。

サイト名区分公開求人数
(ゲーム関連)

キャプション
転職エージェント1036件

キャプション
転職エージェント 772件

キャプション
転職エージェント 1754件

キャプション
転職エージェント 1583件

キャプション
転職エージェント
(検索できず)

キャプション
求人サイト274件
2021年8月時点の公開求人数

※転職エージェントはこれに加えて、多数の「非公開求人」も持っています。

2. サポート 最大20名までの担当制度

マイナビクリエイターでは一人のキャリアアドバイザーが受け持つ転職希望者の数が最大20人までになっています。

他の転職エージェントだと40~50人を同時に受け持つのが普通なので、他社と比較してもよりきめ細やかなサポートが受けられるということです。

マイナビクリエイターのサポート一例
  • 応募過程の代行(書類提出、面接日程相談、就業日の調整など)
  • キャリア相談
  • 履歴書、職務経歴書、ポートフォリオのアドバイスや添削
  • 面接対策

3. セミナー・説明会は平均的

セミナーや説明会に関しては、正直すごく充実しているという感じではありません。

  • セミナー:月に3~5回程度(オンライン含む)
  • 各企業の説明会や相談会:数ヶ月に1回程度(オンライン含む)

「セミナー」の内容は面接対策や業界研究といったものですが、個人的にはこれに参加するよりも担当者に直接個別で教わったほうがいいと思います。

各企業の「説明会」はコナミやスクエニ、Cygames、ゲームフリークなど有名企業も多いですが開催時期も不定期で回数自体も多いわけではないので運次第。

セミナーや各社説明会を目当てにマイナビクリエイターを利用するとちょっと期待はずれになってしまうかもしれません。

4. ポートフォリオ作成ツール マイナビクリエイターだけの強み

https://matchbox.work/

マイナビクリエイター独自の強みとして、ポートフォリオ作成ツール「MATCH BOX」があります。

ポートフォリオというのは自分の作品や創作物を提示してアピールする、クリエイター系の転職では必須とも言える選考書類です。

特に未経験の場合などは作るのが0から作ると非常に難しいんですが、MATCH BOXではツールに従って入力を進めるだけで質の高いポートフォリオが作れるようになっています。

MATCH BOXの特徴
  • 専用ソフト不要:PC・スマホ・タブレットから利用可能
  • 画像・動画・音声ファイルが使用可能
  • 履歴書も同時に作成できる
  • 無料

登録~採用まで無料

マイナビクリエイターを利用するメリット・デメリット

マイナビクリエイターのメリットとデメリットをそれぞれ見ていきましょう。

メリット
デメリット
  • 高い平均点と安定感
  • 正社員だけでなく契約社員の扱いもあり未経験者も可能
  • アドバイザーの利用必須
  • 都市部は強いが地方に弱い

メリット1 高い平均点と安定感

マイナビクリエイターは業界大手ということもあり、求人数やキャリアアドバイザーの質どちらの面でもレベルが高く、ハズレを引く可能性は低いです。

転職業界での歴史も長いため各企業との関係性もしっかり築かれていますし、企業の求める的を得たアドバイスが得られるため採用率もアップします。

メリット2 正社員だけでなく契約社員の扱いもあり未経験者も可能

他の転職エージェントだと「正社員のみ」というところもありますが、マイナビクリエイターでは契約社員の扱いもあります。

※派遣社員は公開求人にはありませんでしたが、非公開求人にある可能性はあります。

特にゲーム業界未経験から正社員を目指すのはハードルが高いため、まずは契約社員からスタートして経験を積むという選択肢を入れることも大事です。

SHIMA

僕自身がマイナビクリエイターを利用したときも、未経験だったためまずは正社員ではなく契約社員を目指すことにしました。

デメリット1 アドバイザーの利用が必須

マイナビクリエイターのサイトには公開求人も一部載っていますが、それに応募するためには基本的にキャリアアドバイザーを通す必要があります。

非公開求人も多いためキャリアアドバイザーを通したほうがメリットが大きい面はありますが、アドバイザーを利用せず自分で転職活動を進めたい方は他の転職エージェントを選びましょう。

(その他おすすめの転職エージェントは「未経験からゲームプランナー!業界に強いおすすめ転職エージェント5選」の記事にまとめています。)

デメリット2 都市部は強いが地方に弱い

マイナビクリエイターの求人案件は東京・大阪がほとんどで地方の企業の数は少ないです。

なので地元の企業に転職したい人には向きません。

とはいえゲーム企業自体が都市部にあることがほとんどなので、そもそもゲーム業界を目指すためには東京か大阪で働くことはイメージしておいたほうがいいかもしれません。

登録~採用まで無料

マイナビクリエイターを最大限活用するために

マイナビクリエイターに限った話ではありませんが、転職エージェントを最大限活用するためのポイントを解説します。

有効活用するためのポイント
  • 自分から積極的に動く
  • 希望はすべて伝える
  • 経歴やスキルは正直に
  • キャリアアドバイザーが合わなければ変更する
  • 他の転職エージェントも並行で利用する
  • 同じ案件には一つのエージェントからのみ

自分から積極的に動く

転職エージェントとはいえ、担当者にすべて任せきりではなく自分からも積極的に動くことが重要です。

会社の情報を調べたり、業界について勉強したり、ポートフォリオの内容をブラッシュアップしたり・・・

もちろん自分のレベルが上がるということもあるんですが、担当者も人間ですからどうしても「やる気を感じる転職希望者は受からせてあげたい」という気持ちがあるはずです。

企業側にもよりいい情報を渡してくれるかもしれませんし、どんどん自分からも動いて、どんどん担当者と連絡を取り合いましょう。

希望はすべて伝える

たとえ未経験だったとしても、あるいは自分の経歴から見たら高望みの希望だったとしても、自分の希望はしっかりと伝えましょう。

自分を低く見積もって、妥協したラインの希望を最初から伝えてしまうと、そのレベルの求人しか紹介してもらえず「こんなはずじゃなかった」とせっかくの転職がミスマッチングになってしまいます。

最初に自分の希望を伝えておけば、プロであるアドバイザーがあなたの経歴から目指せるレベルを教えてくれますので遠慮せずしっかり希望は伝えましょう。

考えておくべき希望条件の例
  • コンシューマなのかアプリなのか
  • ゲームジャンル
  • 年収
  • 勤務場所
  • 会社の雰囲気
  • 雇用条件(残業や福利厚生など)

経歴やスキルは正直に

履歴書・職務経歴書に書く内容やキャリアアドバイザーに話す自分のスキルなどは盛らずに正直に伝えましょう。

虚偽報告をすることで仮に転職できたとしても、その後の職場での信用を失い働きづらい環境になってしまいます。

また、転職エージェントの側にも大きな迷惑がかかってしまい、もしもその後転職したいと思ってもブラックリストで取り合ってもらえないということもあります。

キャリアアドバイザーが合わなければ変更依頼する

もしもキャリアアドバイザーの人間性が合わなかったり、紹介してくれる案件がどうも自分の意図を汲んでくれないというようなことがあれば、担当者の変更を依頼してみましょう。

  • 担当者に直接「他の方の意見も聞いてみたいので変更をお願いします」と伝える
  • 会社側の問い合わせ窓口から連絡してみる

言いづらいことかもしれませんが、転職するのは自分なので我慢はしないほうがいいです。

他の転職エージェントも並行で利用する

転職エージェントによって持っている求人案件は異なります。

また、どうしてもエージェントのサポート内容が合う合わないというのは個人差があります。

本気で転職を目指すのであれば、時間はかかりますが複数の転職エージェントに登録して自分に合う案件を紹介しくれるエージェントに絞っていくのがおすすめです。

(その他おすすめの転職エージェントは「ゲーム業界に強い!転職エージェント5選」の記事にまとめています。)

TIPS:なぜ求人募集している企業はすべてのエージェントで募集しないのか?
募集している企業側からすると、転職エージェントに求人を出す事自体にお金がかかるためです。

採用にも予算がありますから、「色々な転職エージェントに数撃ちゃ当たる的に求人を出しまくる」ということができないんですね。

なのでA社はBのエージェントのみ、C社はDのエージェントのみでしか扱っていないというようなことが起きます。

同じ案件には一つのエージェントからのみ

複数のエージェントを利用していると、別々のエージェントから同じ企業の求人紹介を受けることがあります。

この場合、応募を依頼するのは必ずどちらか一社のエージェントだけにしましょう。

SHIMA

もしもダブルブッキングしてしまうと募集企業にも、両方のエージェントにもそれぞれ情報が行き、不採用となる可能性が高くなるだけでなく一気に全体の信用を失います。

Q&A

登録後の流れを教えてください
STEP
登録後の面談

まずは登録後の担当者との面談で自分の希望を伝えます。

遠い場合はオンラインでも可能です。

STEP
書類の作成

選考書類を用意します。書類の書き方は担当者がアドバイスしてくれます。

  • 履歴書
  • 職務経歴書
  • ポートフォリオ
STEP
求人紹介

担当者からあなたの希望にあった求人が紹介されますので、応募したい企業を選びます。

担当者が各企業に書類を提出してくれます。

STEP
書類が通ったら面接

書類が通れば面接に進みます。

希望すれば、企業によっては担当者も交えた3者での面接も可能です。

STEP
採用

面接も通れば晴れて採用となります。

就業開始日などの相談を進めていきます。

STEP
今の職場を退職

就業日までに今の職場を退職します。

退職についても不安があれば担当者に相談しましょう。

非公開求人とは何ですか?

転職エージェントにはサイトに載っている「公開求人」と、サイトに載っておらず担当者から直接紹介してもらう「非公開求人」があります。

企業が「非公開」にする理由にはプロジェクトや採用ルートを他社に知られたくない場合や、応募者を第一段階から絞り込むことで採用業務を効率化する狙いがあります。

マイナビクリエイターとマイナビ転職の違いは何ですか?

マイナビクリエイターは「転職エージェント」としてキャリアアドバイザーが一人ひとりの担当につき、転職手続きを進めていくものです。

マイナビ転職は運営母体は同じマイナビワークスですが、ここは「求人サイト」として求人募集の掲示板のようなもので、募集を見て応募者が自分で応募、選考を進めるサービスです。

また、マイナビクリエイターはIT・WEB・ゲーム業界の求人に特化していますが、マイナビ転職は特に業界の指定がありません。

登録面談の場所はどこですか?

対面の場合は新宿・大阪になります。

居住地が遠い場合はメールや電話、スカイプなどのオンラインでの面談も可能です。

・新宿オフィス

東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー27F

登録・利用に料金はかかりますか?

登録から採用後まで、完全に無料です。

(転職エージェントは募集企業側からお金をもらって運営されています)

退会はどうすればできますか?

退会は次のどちらかの方法で可能です。

  • 担当のキャリアアドバイザーに退会を依頼する
  • 事務局のメールアドレスに連絡する(mc.info@mynavi.jp
在職中でも利用できますか?

在職中でも可能です。ただし面談は平日のみとなっています。

今すぐ転職というわけではなくても登録できますか?

今すぐでなくても、今後の転職についての相談という形で中長期的に利用することも可能です。

現在就業中の会社に転職活動はバレませんか?

エージェントや応募先企業から就業中の会社に情報が行くことはありません。

(ないとは思いますが、自社のグループ企業に応募などはしないほうが無難です)

まずはマイナビクリエイターからゲーム業界への転職活動を

以上、マイナビクリエイターを利用した僕自身の感想から評判、そして様々な特徴をご紹介してきました。

マイナビクリエイターの利点・不利点が伝わっていれば幸いです。

ゲーム業界への転職を目指す上で「とにかくハズレのない転職エージェントに登録したい」という人には自信を持っておすすめできるエージェントなのでぜひ検討してみてください。

登録~採用まで無料

その他おすすめエージェントについて「未経験からゲームプランナー!業界に強いおすすめ転職エージェント5選」の記事にまとめています

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる