ゲームプランナーへの転職、雇用形態について解説!

プラ子

ゲームプランナーに転職したいんだけど、どんな雇用形態があるんだろう?

SHIMA

正社員からアルバイト、さらにはフリーランスまで色々な働き方がありますよ!

プラ子

フリーランスってかっこいい!私でもなれますか?

SHIMA

いきなりフリーランスはさすがに厳しいですね・・・それぞれ詳しく説明しましょう。

ゲームプランナーってどんな働き方があるのか、ちょっとイメージしづらいですよね。

ゲームプランナーにも色々な雇用形態があり、正社員からフリーランスまで様々です。

僕SHIMAも現在は正社員として働いていますが、元々は契約社員としてゲームプランナーのキャリアをスタートしました。

この記事ではゲームプランナーの雇用形態について、それぞれ解説していきます。

この記事を読めばどんな働き方があるのか、またどの雇用形態が自分に合っているのかが分かるようになりますので、ぜひ転職活動に役立ててください!

この記事で紹介する雇用形態5つ
  1. 正社員
  2. 契約社員
  3. 派遣社員
  4. アルバイト
  5. フリーランス・業務委託

未経験からゲームプランナーを目指す戦略について「未経験からのゲームプランナー転職を徹底解説!」の記事で詳しくまとめています

目次

正社員

正社員ゲームプランナーの特徴

  • 固定収入、福利厚生が充実
  • キャリアアップが望める
  • 経験者向け求人がほとんど

固定収入、福利厚生が充実

正社員としてゲームプランナーになる最大の利点はやはり待遇面です。

他の雇用形態よりも給与が比較的高くかつ安定しており、社会保険や会社側が用意している福利厚生も充実しています。

SHIMA

最終的には正社員を目指す人が多いです。

ただし2020年に施行された「パートタイム・有期雇用労働法」により、今後は正社員と非正規社員の待遇面の差は少なくなっていく見通しです。

キャリアアップが望める

また、正社員としてゲームプランナーになるとその後のキャリアアップも期待できます。

ゲームプランナーからキャリアアップのルートとして考えられる役職は次のようなものです。

ゲームプランナーからのキャリアアップ例

  • ディレクター
  • プロジェクトマネージャー
  • プロデューサー
SHIMA

僕はまずゲームプランナーとして転職し、現在はディレクターを務めています。

経験者向け求人がほとんど

条件としては一番恵まれている正社員ですが、未経験からいきなり転職するのはかなり高いハードルです。

ゲームプランナーはやや専門的な仕事であるため、一般的な仕事からの転職の敷居が高いんですよね。

転職エージェントや求人サイトを見ても、正社員の求人はそのほとんどが「○年以上の経験必須」となっています。

そのため次に紹介する契約社員や派遣社員としてまず現場経験を積み、その後に正社員を目指すルートをおすすめしています。

プラ子

まず入りやすい雇用形態からスタートして、経験を積んでステップアップを目指すのね。

契約社員

契約社員ゲームプランナーの特徴

  • 契約期間がある
  • 比較的入りやすい
  • 正社員登用も望める

契約期間がある

契約社員の最大の特徴は、雇用契約時に「契約期間」が決まっていることです。

これは1年だったり2年だったりと会社によって様々ですが、この期間満了時にお互いに継続合意すると更新という形になります。

ただし、まだ働きたいと思っていても会社側の事情や勤怠の状況などにより、契約を更新できないこともあるのが契約社員のリスクとなります。

プラ子

契約期間が決まっているから「契約社員」って呼ぶのね。

比較的入りやすい

正社員と比較して、契約社員は未経験からでも入りやすいのが利点です。

採用者である会社側の視点で見てみると、更新時期に更新しないという選択肢があるため採用するリスクが低いのがその理由です。

もちろん転職希望者にとってもリスクではありますが、万が一契約更新できなかったとしても、すでに契約社員としてゲームプランナーの経験を積んでいるため次の転職は未経験よりもかなり有利になります。

プラ子

「○年以上の経験者のみ」の求人にも応募できるようになってる!

正社員登用も望める

先ほどはリスクについて書きましたが、もちろん良い点もあります。

契約社員としてしっかり働き、会社から認められれば契約更新時に正社員登用も見込めます。

また、法律で「契約社員としての雇用は5年まで」と決まっているので、6年めも会社が雇用したいと思えば正社員登用が必須となります。

SHIMA

実際に契約社員から正社員になる人は現場レベルの感覚でも珍しくはないです。

派遣社員

派遣社員ゲームプランナーの特徴

  • 比較的入りやすい
  • 様々な現場を経験できる
  • 次の転職へのステップにも

比較的入りやすい

派遣社員も正社員と比較すると、未経験からでも入りやすいです。

僕の感覚値ですが、だいたい契約社員と同じくらいの採用難易度かと思います。

理由としてはやはり採用する会社側にリスクが少ないためで、派遣先にも色々なニーズがあるので採用したその人がどこかしらで活躍できる可能性が高いからです。

SHIMA

派遣社員は「派遣元の会社」に所属しており、そこから各ゲーム会社に派遣されます。

様々な現場を経験できる

派遣社員というとマイナスイメージを持たれがちですが、他の雇用形態と比べて良い面もあります。

それは「様々な現場で経験を積める」というものです。

例えば正社員なら、自分の作りたいジャンルやプラットフォームとは違う作品に配属された場合でも簡単には異動できませんが、派遣社員であればその派遣期間が終わればまた別の作品に移ることになります。

様々な経験が積めるのは派遣社員にしかないメリットと言えます。

プラ子

私も色んなジャンルのゲームに興味があるから向いてるかも!

次の転職へのステップにも

派遣社員にもメリットがあるのは書いてきたとおりですが、ディレクターやプロデューサーなどを目指したい場合には基本的には正社員になる必要があります。

その場合にも派遣社員として積んだ経験は大きなプラスで、色々なジャンルを経験しているというのは転職時にアピールポイントになります。

まずは未経験からでも入りやすい派遣社員で経験を積み、その後のキャリアアップを目指して次の転職を視野に入れるというのはかなりおすすめの戦略です。

アルバイト

アルバイトゲームプランナーの特徴

  • 入りやすさだけなら一番
  • 将来性に不安
  • 正社員登用の有無は要確認

入りやすさだけなら一番

「入りやすさ」という観点だけで言えば、他のどの雇用形態よりもアルバイトが一番入りやすく、ゲームプランナーになりやすいです。

ただしゲームプランナーのアルバイト求人はSSR級のレア求人なので、タイミングが合わないと1件も見つからないこともあります。

アルバイトでゲームプランナーの求人を探すなら根気強さが必要です。

SHIMA

デバッガーのアルバイト求人は探してみれば良く出てきますが、プランナーのアルバイトはかなりレアです。

将来性に不安

ただし転職という観点でアルバイトからゲームプランナーを始めるのは大きなリスクがある点は理解しておきましょう。

当然ながら収入は他の雇用形態よりも劣りますし、次に転職をしようとしてもアルバイトとしてのゲームプランナー経験をプラス評価してくれないところもあります。

自分の年齢とも相談しながら、リスクを許容できるのか?アルバイトとしてゲームプランナーになった後のビジョンは?などよく戦略を立ててから検討してください。

プラ子

アルバイト経験は評価してもらえないこともあるのね・・・

正社員登用の有無は要確認

ゲームプランナーへの転職手段としてアルバイトを選ぶ場合、正社員登用の有無については必ず応募前に確認しましょう。

  • 求人情報に記載があるか確認
  • (記載ない場合)応募前に担当の方に確認

勢いだけで正社員登用の可能性がそもそもない求人を選んでしまうと、その後のキャリアアップにも繋がらず、経験も評価してもらえないという最悪な状況になってしまいます。

転職後にこのどん詰まり状況に陥るのはリスクが大きすぎるので絶対に事前確認を行ってください。

SHIMA

ただしあくまで正社員登用の「可能性がある」なので、記載があったとしてもリスクが高いことは覚えておきましょう。

フリーランス・業務委託

フリーランスゲームプランナーの特徴

  • 自分のペースで働ける
  • 実績が必要

自分のペースで働ける

フリーランスで働くことの最大のメリットはやはり自分のペースで働けることです。

納期までに契約した成果物を納品する形になるので、その制作スケジュールなどは自分で組むことができます。

毎日会社に出社して8時間働いて…というサラリーマン的な働き方から抜け出したい人には理想的な働き方と言えるでしょう。

プラ子

私もそんなふうに働いてみたい!

実績が必要

そんな憧れのフリーランスですが、残念ながら誰でもなれるというわけではありません。

基本的にフリーランスとして働くためには実績が必要で、その実績によって信頼が生まれ、労働契約が成り立ちます。

実績がない状態ではどのゲーム会社もあなたの能力を評価できないので、フリーランス契約は結んでくれません。

SHIMA

有名な作品を作ったクリエイターさんは独立してフリーランスになったり会社を立ち上げたりすることが多いです。

自分に合った働き方を考えよう

以上、ゲームプランナーへの転職における雇用形態5つについて解説してきました。

未経験からの転職だといきなり正社員を目指すのはなかなか難しいですが、契約社員や派遣社員なら転職できる可能性は高くなります

僕としてはまずは入りやすい雇用形態を選んで経験を積み、その後のキャリアアップで正社員を目指す転職戦略をおすすめしています。

ぜひ自分にあった働き方を見つけてください。

未経験からゲームプランナーを目指す戦略について「未経験からのゲームプランナー転職を徹底解説!」の記事で詳しくまとめています

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる